とても気持ちが良い秋晴れだったので、1歳4ヶ月の娘と一緒に散歩に出かけました。うちの近くには小さな山があり、木々が茂っていて、散歩するにはうってつけなのです。歩くのが楽しくてしょうがない娘は、落ち葉を踏み、どんぐりを拾い、生き生きと遊びます。

少し不安になると、私のところに来て手を握り、また遊ぶ。まさしく私が心の拠り所なんだなあと実感します。いままで自分がここまで誰かに必要とされたことがあったかなあと、しみじみ考えてしまいます。娘のちょっと冷たい小さな手を握る度に、なんだか幸せな気持ちで満たされてしまいました。

毎日を慌ただしく過ごしていた時には味わえなかった時間の流れを思う存分味わった気分です。娘が産まれてから、今まで味わったことのないくらいの気持ちの落ち込みやイライラなどたくさん味わいました。

自分は病気になってしまったんじゃないかと思うくらい。でも、今日の散歩でそんなこと、全部忘れてしまうくらいの幸せをもらった気がします。私をこんなに必要としてくれる人がいる。それは本当に幸せなことです。スイーツ青汁の口コミはこちら